登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

FAコミュニティーシールド
8/10(日) ウェンブリー・スタジアム

マンチェスター・ユナイテッド 0

ポーツマス 0

PK戦3-1でユナイテッドが優勝
22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

PK戦を制しユナイテッド優勝

10日にウェンブリー・スタジアムで開催されたコミュニティーシールドでは、ユナイテッドがPK戦でポーツマスを下し、過去最多となる13回目の優勝を果たした。

試合は、ほとんどの時間帯でユナイテッドが優勢だったものの、後半のダレン・フレッチャーとカルロス・テベスのシュートが、ポーツマスのGKデイヴィッド・ジェイムズの好セーブに遭うなど、ゴールを奪えなかった。

しかしPK戦では、ユナイテッドの選手が全員キックを成功させる一方で(テベス、ライアン・ギグス、マイケル・カリック)、ポーツマスは4人中1人しか決められなかった。

ユナイテッドは前半、浮き球でグレン・ジョンソンをかわしたナーニがゴール前へクロスを上げてチャンスを作る。しかしスライディングをしながら飛び込んできたフレッチャーがこれに合わせられなかった。

後半に入ってもユナイテッドの攻勢が続く。フレッチャーのシュートは、ジェイムズが弾いたあとクロスバーに当たってテベスの前へこぼれる。しかしヘディングシュートはジェイムズの手の中に収まった。ポーツマスの守護神はその直後にも、テベスのシュートを指先でセーブし、チームを救った。

ポーツマスはなかなか攻撃を仕掛けられない中、ジャーメイン・デフォーがユナイテッドのゴールに突進するが、ネマニャ・ヴィディッチに止められた。

ユナイテッドは75分、テベスがペナルティエリア内でヘルマン・フレイダルションのタックルを受け、PKを獲得したかに思われたが、認められず、交代出場したフレイザー・キャンベルのシュートもバーの上を越えていった。

試合は0-0のままPK戦に突入。昨シーズンのコミュニティーシールドとチャンピオンズリーグ決勝で、ともにチェルシーをPK戦で下していたユナイテッドは、キッカーの3人が落ち着いてシュートを成功させる。

ページ 1 / 2 次へ »