登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カップ戦を戦っていかなくてはいけないし、どの大会もタフだ。体調管理をしっかりと行い、ハングリー精神を持ち続ける必要がある。だが今のチームなら問題ないだろう」
─ライアン・ギグス
22/01/2009  Report by Steve Bartram

リーグ開幕戦を見据えるギグス

ライアン・ギグスは、10日にポーツマスをPK戦で下し、自身7度目となるコミュニティーシールドのタイトルを手にしたことについて、「大きな意味がある。いいスタートを切りたいし、試合には負けたくないものだ」とコメントした。

しかし、気持ちはすでに17日に行われるプレミアリーグ開幕戦のニューカッスル戦に向いているとして、こう続けた。

「成功を収めた昨シーズンのいい流れを持続していきたいと思っている。だが簡単ではない。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、カップ戦を戦っていかなくてはいけないし、どの大会もタフだ。体調管理をしっかりと行い、ハングリー精神を持ち続ける必要がある。だが今のチームなら問題ないだろう」

また、10日の試合では、ガリー・ネヴィルがおよそ1年半ぶりにファーストチームの公式戦に先発出場したが、長年の友人であるギグスは、「ガリーが戻って来て嬉しいよ」と話した。

「彼はプレシーズンですでに何試合かプレーしているし、来週(のニューカッスル戦)も大丈夫だろう。新たな故障者が出ないで、リーグ戦の開幕を迎えられることを願っている」