登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「素晴らしいパスが入ってくると信じていたから、意識的にペナルティエリアの中へ入っていったんだ。プレシーズンマッチではチャンスを逃していたけど、この試合で得点できて嬉しい」
─ ダレン・フレッチャー
22/01/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

フレッチャー「ドローは残念」

ダレン・フレッチャーが、17日のプレミアリーグ開幕戦でニューカッスルと1-1で引き分けたことについて、自ら同点ゴールをマークしたものの、結果には不満を抱いていると述べた。

「開幕戦をドローに終わったことは残念に思っている。ゴールチャンスはたくさん作ったが、シェイ・ギヴンの素晴らしいセーブに遭ってしまった」

「ニューカッスルは守備がよかった。また、スピードを活かしたカウンター攻撃を仕掛けてきたので、脅威だった。(オバフェミ・)マーティンスの見事なヘディングで先制点を許したが、すぐに同点ゴールを奪うことができた。そのまま逆転できると思っていたが、結局、追加点を奪えなかった」

ライアン・ギグスのクロスに合わせて奪った自らの同点シュートについては、「素晴らしいパスが入ってくると信じていたから、意識的にペナルティエリアの中へ入っていったんだ」と語った。

「そのような動きをしていれば、ゴールを奪う可能性は高くなるものだ。プレシーズンマッチではチャンスを逃していたけど、この試合で得点できて嬉しい」

「(家族に不幸があって試合を欠場した)カルロス(・テベス)は、プレシーズンで素晴らしいプレーを見せていただけに、彼がいなかったのは痛かった」

「前線では選手が不足しているが、そのうち復帰して来るだろうし、ユナイテッドはまた強いチームになるはずだ」

「勝ち点2を落としてしまい、ライバルチームに遅れを取ってしまったが、すぐに追いつけると考えている。昨シーズンもいいスタートを切れなかった。今シーズンはまだ1試合が終わっただけだ。全てのチームと2回対戦する。(次戦の)ポーツマス戦を早く戦

ページ 1 / 2 次へ »