登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

前向きな姿勢を保つカリック

マイケル・カリックが、現在のユナイテッドは得点力不足を心配されているかもしれないが、シーズンが始まれば、何も問題はないだろうと主張した。

「とくに心配することじゃない。まだシーズンの開幕前だ。(プレシーズンマッチでは)チームとしていいパフォーマンスができていたし、チャンスも作っていた」

「ゴールを奪える選手はチームに何人もいる。もちろん、毎試合、何ゴールも決めて快勝するのが理想だ。昨シーズンはいいスタートを切れなかったが、今シーズンは、開幕からゴールを奪っていき、スタートダッシュに成功したいね」

カリックは、先月のナイジェリア遠征中にウイルスに感染し、体調を崩していたが、10日のコミュニティーシールドでは後半から元気に出場しており、すっかり回復したと続けた。

「体調は戻ったよ。これからじっくりとトレーニングを行い、(プレミアリーグ開幕戦の)ニューカッスル戦に備えたい。コミュニティーシールドでは、大事を取って、先発ではプレーしなかった。後半から出場したが、何も問題はなかったし、新シーズンの開幕を楽しみにしているよ」

ページ 1 / 2 次へ » 


前向き

「とくに心配することじゃない。今シーズンは、開幕からゴールを奪っていき、スタートダッシュに成功したいね」
─ マイケル・カリック