登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Adam Bostock

監督、テベスのプレーを称賛

ユナイテッドは29日のUEFAスーパーカップでゼニト・サンクトペテルブルクに1-2で敗れてしまったが、サー・アレックス・ファーガソン監督は、カルロス・テベスが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたのは明るい材料だったと語った。

「テベスはこの試合で一番いい動きを見せていたと思う。素晴らしかった。最高のプレーを披露してくれたよ」

この日のユナイテッドのほとんどの得点チャンスは、粘り強くボールを追ったテベスから生まれ、79分にネマニャ・ヴィディッチが決めたゴールも、テベスがアシストしたものだった。

「得点を奪う機会は何度もあったと思う」とファーガソン監督は続けた。「前半はウェイン・ルーニーが絶好機を迎えたし、0-2のリードを奪われたあとも、チャンスは作っていた」

「オープンな試合展開だったと思うし、両チームともいいサッカーをしていた。気温が高い中でのゲームだったが、選手たちはよく動いていたと思う。終盤はさすがに疲れていたようだがね」

「優勝したゼニト・サンクトペテルブルクを称えたい。いいチームだった。(今シーズンのチャンピオンズリーグでも)いい結果を残すだろう」