登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「黒星だけは避けたかった。チェルシーとスタンフォード・ブリッジで当たるまで、少なくとも勝ち点3差をキープしておきたいんだ」
─ エドウィン・ファン・デル・サール
22/01/2009  Report by James Tuck

エドウィン「ドローは悪くない」

エドウィン・ファン・デル・サールが、気象条件が悪い中、6日のアウェーのミドルスブラ戦で勝ち点1を獲得したのは重要だったとコメントした。

ユナイテッドは、満員の観客に後押しされて勢いに乗ったミドルスブラに、一時は1-2のリードを許したが、74分のウェイン・ルーニーのゴールで、試合をドローに持ち込んだ。

「(ミドルスブラのホームゲームは)いつもタフな試合になるんだ」とファン・デル・サールはMUTVに語った。

「(クリスチアーノ・ロナウドのゴールで)僕たちが先制したあと、向こうはシステムを4-4-2に変更し、積極的に攻撃を仕掛けてきた。こっちはボールを支配することもなかなかできなかった」

「そして不注意なプレーから同点、そして逆転ゴールを許してしまった。だが僕たちはあきらめず、追いついて見せた」

ファン・デル・サールは試合を落とさず、勝ち点1を獲得して、2位チェルシーとの勝ち点差を3としたのは大きいと続けた。

「ドローは悪くない。黒星だけは避けたかった。チェルシーとスタンフォード・ブリッジで当たる前に、少なくとも勝ち点3差をキープしておきたいんだ」

「監督はずっと3チームの接戦になると言い続けている。アーセナルとは13日に直接対決を迎えるし、チェルシーも強敵だ。彼らがシーズンの残りを全勝するかどうかは分からないが、僕たちは気合いを入れて戦うしかない」