登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

古巣対戦を楽しみにするピケ

ジェラール・ピケが、チャンピオンズリーグ準決勝で当たる古巣のバルセローナとの対戦を楽しみにしていると話した。

現在21歳のピケは2004年にバルセローナからユナイテッドに加入。9日のローマとの準々決勝第2戦には先発フル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

「カンプ・ノウへの帰還は僕にとって大きな意味を持つ」とピケはMUTVに語った。

「僕はバルセローナで育ったし、クラブには特別な感情を持っている。けど、今回の対戦で勝利するのはユナイテッドだ。バルセローナはヨーロッパを代表するクラブの1つだけど、勝つ自信はあるよ」

「多くの人はバルセローナとユナイテッドが決勝で対戦することを望んでいただろう。今回は準決勝で顔を合わせることになったが、ファンに楽しんでもらえる、面白い試合になるはずだ」

ピケはローマ戦で、負傷したネマニャ・ヴィディッチに代わり、リオ・ファーディナンドとセンターバックのコンビを組んだが、今のユナイテッドは戦力が豊富で、調子も上向いているので、モスクワで開催されるチャンピオンズリーグ決勝に進出する可能性は大きいと続けた。

「ユナイテッドが決勝に進むチャンスは大きいと思っている。けが人が出ても、代わりの選手がその穴をきちんとカバーできるんだ」

ページ 1 / 2 次へ »