登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Takeshi Okuno

日本でも観戦イベントで興奮

プレミアリーグの大一番、26日のチェルシー戦では、J SPORTSがパブリックビューイングを開催。
東京のフットニック大崎店で、ユナイテッドファン50人、チェルシーファン50人の計100人が熱い応援を繰り広げた。

野村明弘アナウンサーと元日本代表DF相馬直樹氏の生実況・解説もイベントを盛り上げ、キックオフ直後から店内の熱気はヒートアップ。
残念ながらユナイテッドは終盤に勝ち越し点を許して敗れたものの、ルーニーの同点ゴールを始め、好プレーにはユナイテッドファンが一体となって大きな拍手や歓声を送った。

イベントに参加したユナイテッドファンの蛭田洋基さんは試合後、「負けたのは悔しい。ただ、29日にはチャンピオンズリーグのバルサ戦があり、プレミアリーグでも来週勝てば優勝に近づけるので、次に期待します」とコメント。悔しさをにじませながらも、今シーズンの残り試合に期待を込めた。
もっとも、パブリックビューイングの楽しさは満喫した様子で、「ゴールが入った時に、他のファンの人たちと一緒に喜べるのは楽しいですね。また観戦イベントがあればぜひ来たいです」と、笑顔で語っていた。