登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

ギグス「現役を続けていきたい」

ライアン・ギグスが、今は引退のことはとくに考えていないとし、自分で限界だと感じたときに、ユニフォームを脱ぐだろうと語った。

11月に35歳になるギグスは、昨秋に2009年6月までの1年間の契約延長を行った。今はあまり先のことは考えず、できるだけ長くプレーを楽しむことに集中したいという。

「楽しめなくなったり、いいパフォーマンスができなくなったりしたら、引退するだろう」とギグスはSetantasports.comに語った。

「契約は来シーズン終了まであるし、身体の状態、精神面、どれだけ楽しんでプレーできるかで、現役を続行するかどうか判断するよ。できるだけ長くユニフォームは着たいが、たとえ明日、引退することになっても、後悔はしないだろう」

ギグスは、ユナイテッドがチャンピオンズリーグで決勝まで勝ち進んだとして、今シーズンの残りの全試合に出場すれば、サー・ボビー・チャールトンが持つ、クラブの最多出場記録に並ぶ。

しかしギグス本人は、「個人の記録のことはあまり考えずにやってきたんだ」と語る。

「一番重要なのはチームが優勝することさ。その過程で何か記録を達成できれば、それは光栄なことだ」