登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

カリックがロナウドのPKを称賛

マイケル・カリックが、13日のアーセナル戦でPKのやり直しを命じられながら、落ち着いてシュートを決めたクリスチアーノ・ロナウドを称賛した。

ロナウドは最初のシュートを見事に成功させたものの、GKイェンス・レーマンがキックをする前に動いたとして、やり直しになった。しかしロナウドは冷静さを失わず、2本目のPKも、1本目と同じく左サイドに沈めて見せた。

「ロナウドはプレッシャーをうまくはねのけたと思う。トッププレーヤーらしく、期待に応えるプレーを見せてくれたね」

ユナイテッドはロナウドのPKで同点に追いついたあと、オーウェン・ハーグリーヴスが見事なFKで決勝点を挙げ、2-1の勝利を収めた。

「オーウェンのFKは素晴らしかった」とカリック。「彼はよくFKの練習をしているんだ。彼が蹴っても、ゴールを決めてくれるだろうと確信していたよ」

ユナイテッドは勝利したことで、チェルシーとの勝ち点差を6に広げ、アーセナルを優勝争いから脱落させたが、カリックはまだタフな戦いが残っているとして慎重な姿勢を崩さなかった。

「タフな試合で勝利を手にすることができて嬉しい。僕たちにとってどれだけ大きな意味を持っていたか、勝ち越したときの選手の喜び方を見ればよく分かるはずだ」

ページ 1 / 2 次へ »