登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドは首位を走っているが、私の人生経験から言って、油断すると大きな落とし穴が待っているものだ。まだ、ブラックバーン、チェルシー、ウィガンとの厳しいアウェーゲームが残っている」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
22/01/2009  Report by Steve Bartram

監督「油断してはならない」

ユナイテッドは残り4試合となったプレミアリーグで、2位のチェルシーに勝ち点5差をつけて首位を走っているが、サー・アレックス・ファーガソン監督は、最後まで気を緩めてはならないと語った。

「ユナイテッドは首位を走っているが、私の人生経験から言って、油断すると大きな落とし穴が待っているものだ。まだ、ブラックバーン、チェルシー、ウィガンとの厳しいアウェーゲームが残っている」

「チェルシーが(14日の)ウィガン戦を引き分けたのは、私たちにとってボーナスだった。ユナイテッドはアーセナルとの大一番を制したが、最後まで気を抜かずに戦いたい。チェルシー戦を落とす可能性はあるし、その他の試合でも、負けない保証はないのだ」

ファーガソン監督は警告を発する一方で、現在のユナイテッドにはリーグを連覇するだけのタレントが揃っているとし、自分たちのサッカーを続けていくことが大事だと続けた。

「クリスチアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベスの3人で72ゴールを奪っている。ユナイテッドがいかに攻撃を重視しているかがよくわかるだろう」

「今後も自分たちの仕事をしていくだけだ。昨シーズンは、多くのけが人に見舞われたが、たとえばエヴァートン戦では、0-2から4-2の逆転勝利を収めた。ユナイテッドにはそれだけの底力があることを証明していると思う」