登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ファンの応援は最高に素晴らしかった。あんなにすごい声援を送ってもらえれば、私たちもその期待を裏切るわけにはいかない。彼らのおかげで勝つことができた」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
30/04/2008  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「勝利はファンのおかげ」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、試合開始から終了まで、熱烈な声援を送ってくれたサポーターの力によって、ユナイテッドはチャンピオンズリーグの決勝に進むことができたとコメントした。

29日にオールド・トラッフォードで行われた準決勝第2戦では、ユナイテッドはポール・スコールズの14分のゴールによってバルセローナに1-0で勝利。この結果ユナイテッドは、チャンピオンズリーグのホームゲームでの連勝記録を12に伸ばした。

「ファンの応援は最高に素晴らしかった。あんなにすごい声援を送ってもらえれば、私たちもその期待を裏切るわけにはいかない。彼らのおかげで勝つことができた」とファーガソン監督はMUTVに語った。

「試合内容もよかったし、どの選手もいいプレーをしていたので、1人だけの名前を挙げるのは難しいよ。ウェズ・ブラウン、リオ・ファーディナンドなどディフェンスの4人は全員素晴らしかった。それからテベスもすごかった。精力的に動き回っていたと思う」

また、昨年8月以来となるゴールで決勝点を挙げたポール・スコールズについては、「ポールは何度も見事なゴールを決めてきているが、今日のような重要な試合での得点は、まさに称賛に値する」と述べた。

ユナイテッドは追加点を奪えず、ファンやチームスタッフをハラハラさせたが、ファーガソン監督も「ペースメーカーが止まったらどうしようかと思ったよ」と冗談を飛ばした。

「選手たちは苦しい思いをしたかもしれない。だが、成功を収めるには、多少の痛みにも耐える必要がある。サッカーでは、苦しみを乗り越えてこそ、今晩のような素晴らしい結果を手にできるのだ」

「私たちはチャンピオンズリーグのホームゲームでいい成績を残していた。バルセローナは強敵だったが、地の利を活かせるはずだと信じていた」

ページ 1 / 2 次へ »