登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

ヴィダ、白星発進を目論む

エヴァートン戦で決勝ゴールを挙げたネマニャ・ヴィディッチは、チャンピオンズリーグ初戦となる19日のスポルティング・リスボン戦で、ユナイテッドがいいスタートを切ることが大切だと語っている。

ユナイテッドは、18日午前中にポルトガルへ飛行機で移動し、スポルティングのホームスタジアムであるエスタディオ・ジョゼ・アルバラーデでの試合に備える。
ヴィディッチは、15日のエヴァートン戦では83分にヘディングで決勝ゴールを挙げており、グディソン・パークで貴重な勝ち点3をユナイテッドにもたらした。そして今、ヴィディッチは、チャンピオンズリーグ・グループリーグでの勝利に意欲を燃やしている。

ヴィディッチは、MUTVにこう語っている。
「チャンピオンズリーグでは、いいスタートを切ることがすごく重要なんだ。スポルティング・リスボンは手強い相手だと分かっている。技術的に優れているし、ボールをキープする力があるからやりづらい。でも大会初戦はいいスタートを切りたいし、いい結果を出したいね」

ユナイテッドは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ初戦もポルトガルで戦い、勝利で飾っている。この時はルイ・サアが試合唯一のゴールを挙げ、1-0でベンフィカを下した。
その後、ユナイテッドはFCコペンハーゲン、セルティックに番狂わせで敗れたため、グループリーグ最終戦でベンフィカに勝利して、なんとかグループリーグを突破。大会が深まるにつれ調子を上げて準決勝まで進出したが、優勝チームとなったミランに準決勝で敗退している。