登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

ヴィダ、歓喜の決勝弾

15日のエヴァートン戦は、ユナイテッドが終盤のネマニャ・ヴィディッチのゴールで勝利を挙げた。そしてヴィディッチは、自身にとって今シーズン初ゴールがこの大事な場面で飛び出したことを喜んでいる。

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ヴィディッチについて「(元ユナイテッドの)スティーヴ・ブルースを彷彿とさせるものがある」と語っているが、この試合でのヴィディッチはまさにそんなプレーをしていた。
気持ちがこもった勇敢なプレーが特長のヴィディッチは、プレミアリーグでも有数のDFとして知られるが、攻撃面でも大きな長所を持っている。

ヴィディッチは、MUTVにこう語っている。
「今シーズンはこれまでチャンスが2回あったのに、ゴールを挙げることができていなかった。あの場面は、残り10分を切ったところで、今シーズン初ゴールを決める絶好のチャンスだったんだ。とにかく今は、試合に勝ててうれしいよ」

またこの試合でヴィディッチは、リオ・ファーディナンドとともに、エヴァートンのヤクブ、アンディ・ジョンソンの2人のFWを寄せ付けない素晴らしい守りを見せていた。だが、ヴィディッチ本人は謙虚にも、ユナイテッドのチーム一丸となったプレーこそが勝利を呼んだと語っている。

ページ 1 / 2 次へ » 


決勝点を振り返って

「残り10分を切ったところで、今シーズン初ゴールを決める絶好のチャンスだったんだ。とにかく今は、試合に勝ててうれしいよ」
− ネマニャ・ヴィディッチ