登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、レンタル移籍を思案中

26日のカーリングカップ敗退後、サー・アレックス・ファーガソン監督は、ユナイテッドの若手選手にもっと経験を積ませて成長させるため、レンタル移籍させる可能性を示唆した。

オールド・トラッフォードでのコヴェントリー戦では、平均年齢21歳と若手主体で臨んだユナイテッドは流れをつかむことができず、0-2と敗戦。ファーガソン監督にとって「ショックで仰天した」結果となった。
コヴェントリー戦は、ジェラール・ピケ、ダニー・シンプソン、ジョニー・エヴァンス、クリス・イーグルス、リー・マーティン、ドン・ファンジョウといった選手にとって、出場チャンスを与えるいい機会になると見られていた。
しかし、カーリングカップの道が絶たれた今、DFの選手層をキープするためにピケとシンプソンはユナイテッドに残留する可能性があるが、他の若手選手についてはレンタル移籍させる可能性が出てきた。

28日の記者会見で、ファーガソン監督はこう語っている。
「あの負けは我々にとってショックだった。ただひとつだけ釈明の余地があるとすれば、彼らがチームとして十分にサッカーをしていなかったという事実だ」
「カーリングカップは、こうした選手たちにとっていい出場機会だと見ていた。だがそんな機会もなくなり、今後の状況について再検討が必要になってきた。もっとサッカーをさせるためにも、1人か2人はレンタルに出すことになるだろう」

「(ガリー)ネヴィルと(オーウェン)ハーグリーヴスも復帰して、我々はかなり強力な布陣が揃ってきたからね。ただユナイテッドでキープしておかないといけない選手も数人いる。ピケはコヴェントリー戦では素晴らしい出来だったし、アンデルソンとともに我々のベストプレーヤーだった。それにシンプソンは左右両方のサイドバックでプレーできるから、ユナイテッドに残留させることになるだろう。だが、それ以外の選手たちは、もっと出場機会を得させるためにおそら

ページ 1 / 2 次へ »