登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「おそらく彼は、今でもクラブ内でベストのフィニッシャーのひとりだろう。そんな彼が僕のような選手を教えてくれるなんて、本当に光栄だ。彼と一緒に練習し、学べることをすごく楽しみにしているよ」
− フレイザー・キャンベル
22/01/2009  Report by Steve Bartram

最高のフィニッシャーに学ぶ

フレイザー・キャンベルは、オーレ・グンナー・スールシャールから学ぶ日が待ち切れないと語っている。

今シーズン引退を発表したスールシャールは、先日からユナイテッドのFW陣に対して自らの知識を伝授する仕事を始めたばかり。今週は、スポルティング・リスボンと対戦したユナイテッドのリザーブチームを担当していた。
ストライカー中心のスールシャールの指導に期待を膨らませているキャンベルは、サー・アレックス・ファーガソン監督が『私が知る、最高の生まれながらのフィニッシャーのひとり』と形容したスールシャールから学ぶのを待ちわびている。

キャンベルは、ManUtd.comにこう語っている。
「以前にもオーレと、フィニッシュの練習をちょっとやったことがあるんだ。先日、彼と話をしたけど、今後はストライカーを指導していくらしいね。最初は彼が少し見本を示して、その後で実践してみるんだ」

カーリントンの練習場でスールシャールのプレーを目にしてきたキャンベルは、そのフィニッシュのノウハウを学べる機会は名誉なことだと考えている。
「以前から練習で彼のプレーを見てきたけど、彼のフィニッシュは素晴らしいね。滑り込みながら、ボールのかなり高い位置を叩いても、ゴールのスミをちゃんと捉えることができるんだ。あんなプレーができるようになりたいよ」
「おそらく彼は、今でもクラブ内でベストのフィニッシャーのひとりだろう。そんな彼が僕のような選手を教えてくれるなんて、本当に光栄だ。彼と一緒に練習し、学べることをすごく楽しみにしているよ」