登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack

エドウィン、ローマ戦欠場へ

セント・アンドリュースでのバーミンガム戦は、ユナイテッドが1-0と勝利したが、この試合でGKエドウィン・ファン・デル・サールが足の指を負傷。10月2日のチャンピオンズリーグ、ローマ戦は欠場することになった。

ファン・デル・サールは、前半なかば過ぎに難なくボールをキャッチした後で体勢を崩して倒れており、サー・アレックス・ファーガソン監督はファン・デル・サールを検査に送ると明かしている。
ファン・デル・サールは、治療を受けた後でそのままプレーを続けたが、リオ・ファーディナンドが代わりにゴールキックを蹴るという状況だった。そして前半終了時点で途中交代を強いられた。

後半から出場したGKトマシュ・クシュチャクは、クリスチアーノ・ロナウドが先制ゴールを挙げた後、素晴らしいセーブを重ねて勝利に貢献している。

試合後のMUTVとのインタビューでは、10月2日のローマ戦でクシュチャクがチャンピオンズリーグ初出場となることを、ファーガソン監督が明かした。
「エドウィンは足の指を負傷した模様だ。けがの度合は今の時点では分からないし、今後は検査を受けさせるつもり。10月2日のローマ戦に出られないことは確かだよ。彼のような経験豊かなGKを失うのは心配ではあるけど、ト

ページ 1 / 2 次へ » 


ファン・デル・サール、ローマ戦欠場

「エドウィンは足の指を負傷した模様だ。けがの度合は今の時点では分からないし、今後は検査を受けさせるつもり。10月2日のローマ戦に出られないことは確かだよ」
− サー・アレックス・ファーガソン監督