登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「17歳で初めてファーストチーム昇格の話があった時は、いい印象を与えなければと常に緊張していた。でも今では、そうしたチャンスを楽しめるようになれたんだ。周りの選手たちが僕によくしてくれているのも大きいね」
− クリス・イーグルス
22/01/2009  Report by Gemma Thompson

イーグルス、膨らむ自信

過去2年間のレンタル移籍もあって、クリス・イーグルス(21歳)はオールド・トラッフォードでの出場機会を待ちわびている。
レンタル移籍を経て、体力的にも頭脳的にも実力アップを果たしたイーグルスは、今シーズンのユナイテッドのトロフィー獲得に向け、多大な貢献をしたいと決意のほどを見せている。

イーグルスは26日のカーリングカップ3回戦、コヴェントリー戦に出場すると見られており、この試合については厳しい内容を予想する。
イーグルスは『ユナイテッド・レビュー』誌にこう語っている。
「コヴェントリーは、攻撃チャンスを作ることができるタレントを擁するいいチーム。シーズン序盤はいいスタートを切っていたし、自信も高まっているはずだ」
「オールド・トラッフォードでの他の対戦相手同様、コヴェントリーも守りに徹してくることだろう。そういう相手の守りを破ることはすごく難しいけど、そんな守りに切り込んでいけるだけの選手が僕たちには揃っているんだ」

過去10年以上もの間、カーリングカップは、若手スター候補たちにトップレベルでの貴重な経験を積ませるパーフェクトな機会となっている。
イーグルスは、ユナイテッドのスター候補たちがみなコヴェントリー戦を楽しみにしていると語ったが、彼の名前が先発メンバーに含まれていたら、それは驚きでもあるという。
「カーリングカップといえば、若手選手出場の機会というイメージがあるかもしれないが、ユナイテッドはどの試合にも勝ちたいはず。だから、監督が若手ばかりを起用するとは限らないと思うんだ」
「監督はフルメンバーを出してくる可能性だってあるよ。とにかく先発でもベンチでもいいから、出場機会を得られればと思うね」

イーグルスは、今シーズンは既に4試合に出場しており、1試合ごとに自信を増していると語る。
「ファーストチームで出場機会を得られて最高だよ。ユナイテッドのトップレベルで試合出場したり、子供時代に憧れの存在だった選手たちと練習できるってことは、14歳でロンドンからマンチェスターに移って以来の僕の夢だったからね」
「17歳で初めてファーストチーム昇格の話があった時は、いい印象を与えなければと常に緊張していた。でも今では、そうしたチャンスを楽しめるようになれたんだ。周りの選手たちが僕によくしてくれているのも大きいね」