登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

コヴェントリー、対戦を心待ち

コヴェントリー・シティーのイアン・ダウイー監督は、カーリングカップでのユナイテッドとの対戦を心待ちにしているが、オールド・トラッフォードでの対戦成績の悪さも認めている。

今シーズン、チャンピオンシップ(2部リーグに相当)で好調な立ち上がりを見せたコヴェントリー・シティーは、ここまで負けなしでリーグトップを走っている。だがダウイー監督は、現役時代はユナイテッド相手にほとんど勝利にありつけず、監督としてもユナイテッド戦ではここまで3敗1引き分けという数字に終わっている。

ダウイー監督は、コヴェントリー・テレグラフ紙にこう語っている。
「まさに悪夢という感じ。オールド・トラッフォードでは勝てた思い出がほどんどないんだよ。だが、今回の対戦では、我々のサッカーを見せていい内容の試合にしたいね」

「相手は世界一のビッグクラブだし、私も個人的にファーガソン監督の最大の敬愛者でもある。見ていて面白い攻撃的サッカーという彼がもたらした功績は、十分に評価されていないんじゃないかと思うよ」
「ユナイテッドの布陣は見たくもないよ。ルーニーとロナウドが復帰してくることになりそうだし、我々は10-1とか、新しいフォーメーションで望まなければならないかもしれないね」

ダウイー監督同様、コヴェントリーの選手たちはリーグ戦での試合を最優先に考えながらも、ユナイテッドとの対戦を心待ちにしている。

ページ 1 / 2 次へ »