登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

監督、敗戦にショック

サー・アレックス・ファーガソン監督は、コヴェントリー戦に0-2と敗れたユナイテッドの戦いぶりに「ショックで仰天した」と認めた。

イアン・ダウイー監督率いるコヴェントリーに対し、若手中心で挑んだユナイテッドは流れをつかむことができず。オールド・トラッフォードに集まった7万5000人のファンの前で、伸び盛りの若手選手にファーストチームでの出場機会を与えたファーガソン監督は、落胆の色を隠せなかった。

MUTVにファーガソン監督はこう語っている。
「顎に一撃をもらった感じだよ。まさに仰天するような内容で、予想すらできなかった。その理由すら語りたくないが、とにかくひどい出来だった」
「若手選手には多くの希望を抱いていたし、この負けは我々全員にとって大きなショックだ」

今後は、この若手選手たちがこの負けをどう乗り越えるかだ。ファーガソン監督はこう付け加えている。
「この試合を振り返って、自分の実力を証明するしかないだろうね。コヴェントリーはカップ戦にふさわしい動きをしていたし、前半ではそれが明らかだった。ボールに先に追いつくのはいつもコヴェントリーだったし、我々の選手たちはカップ戦のサッカーに慣れていなかったのも確かだ」
「それにコヴェントリーは、GKの素晴らしい守りから流

ページ 1 / 2 次へ » 


期待を裏切る敗戦

「若手選手には多くの希望を抱いていたし、この負けは我々全員にとって大きなショックだ。その理由すら語りたくないが、とにかくひどい出来だった」
− サー・アレックス・ファーガソン監督