登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「もし、僕がローマの一員だったら、対戦が決まった瞬間は大喜びするだろうね。ローマはかなり気合いを入れてくるはずさ。もちろん僕たちは警戒する必要があるけど、大事なのは自分たちの仕事に集中することだね」
− ウェイン・ルーニー
18/09/2012  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニー、ローマ戦へ準備万端

ウェイン・ルーニー(21歳)は、4月の対戦でマンチェスター・ユナイテッドに1-7の大敗を喫したローマが、2日の一戦にどれだけ気合いを入れて臨んでくるかをよく理解している。
ローマは、昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦で完敗した雪辱を期して、再びオールド・トラフォードへ乗り込むが、ジャッロ・ロッソ(ローマの愛称)の立場に立ったルーニーが、試合への意気込みを語った。

もし自分が1-7で敗れたチームの一員で、リベンジするチャンスがすぐにめぐってきたとしたらどうするかと尋ねると、ルーニーは笑顔でこう言った。
「僕の場合、手を擦り合わせながら座り、対戦が決まった瞬間は大喜びするだろうね。試合が待ち遠しくてたまらないはずだよ。リベンジを果たす絶好のチャンスだと考えるだろう。だからローマも今回の試合にはかなり気合いを入れてくるはずさ。もちろん僕たちは警戒する必要があるけど、大事なのは自分たちの仕事に集中することだね。そして自分たちのサッカーをやることさ」

ルーニーは7-1で勝利したことは忘れ、全力を尽くしてルチアーノ・スパッレッティ監督率いるローマと戦わなくてはならないと話す。
「最高の結果だったのは確かだよ。けど僕たちは、あんな大差で勝つことはもう二度とないだろうと思っている。今回は厳しい戦いになるよ。試合に勝てるようにベストを尽くさなくてはならない」

今シーズン、ルーニーはまだ得点を奪うことができていないが、ローマ戦でゴールネットを揺らせれば最高だと考えている。
「今シーズンはリーグの開幕戦で中足骨を骨折してしまい、残念なスタートになってしまった。でも復帰して3試合に出場したし、これからもまたゴールを奪っていき、チームの勝利に貢献したいね」

今シーズンのユナイテッドは、ルーニーを最前線に置き、カルロス・テベスを下がり目の位置で使うシステムを採用している。ルーニーは昨シーズン終盤戦の4、5月の14試合で11ゴールを決める活躍を見せたが、今シーズンも引き続き同じような成績を残したいと話した。また、テベスとのコンビネーションについては、大きな可能性を感じていると自信をのぞかせた。
「カルロスとは楽しんでプレーできている。彼は優秀な選手だし、素晴らしいプレーを見せている。カルロスとコンビを組むことで

ページ 1 / 2 次へ »