登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

ルーニー、ローマの健闘称える

ウェイン・ルーニーが後半に決勝点を奪い、リベンジを狙ったローマを退けた。しかしルーニーは、ローマは勝ち点1にふさわしい戦い方をしたと語った。

ルーニーは70分にこの試合で唯一となる得点を決めて、ユナイテッドに勝利をもたらした。試合終了直前、クリスチアーノ・ロナウドが顔面を切って出血しピッチをあとにしたが、ユナイテッドは3つの交代枠を使い切っていたために、10人での戦いを強いられた。
ローマは後半、フランチェスコ・トッティとマウロ・エスポージトが同点弾を決める絶好機を得たが、ゴールを奪うことができず、アウエーでの貴重な勝ち点1の獲得はならかった。

「ローマはとてもいいプレーをしていた」とルーニーは『スカイ・イタリア』にコメントした。
「今回は厳しい戦いになると思っていた。向こうもチャンスをたくさん作っていたし、ドローが妥当な結果だったと思う」

ナーニのワンタッチパスを受けて放ったルーニーのシュートは、職人技とも言える見事なものだった。ペナルティエリア内から振り向きざまに打った一撃は、ファーポストを叩いて、ゴールに決まった。ルーニーにとって今シーズン初ゴールとなった。

ページ 1 / 2 次へ » 


ルーニー、ローマを称賛

「ローマはいいプレーをしていたから、正直なところ恐らくドローが妥当な結果だろうが、なんとか勝つことができた」
− ウェイン・ルーニー