登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

チャンピオンズリーグ・グループF
10月23日(火)オリンピスキ・スタジアム

ディナモ・キエフ 2
【得点】リンコン(34分)、バングラ(78分)

マンチェスター・ユナイテッド 4
【得点】ファーディナンド(10分)、ルーニー(18分)、ロナウド(41、68分)
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

キエフ 2-4 ユナイテッド

先制点はDFリオ・ファーディナンドが奪ったが、ユナイテッドの攻撃陣は、キエフで行われた一戦で流れるようなパフォーマンスを展開して、チームを勝利に導いた。

ユナイテッドは、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベス、クリスチアーノ・ロナウドが前線で自由に動き回って、合計4点を奪うことに成功。

一方のディナモ・キエフも2点を挙げたが、ユナイテッドのゴールに襲いかかるシーンはほとんど見られなかった。勝利したユナイテッドはこれでグループリーグ3連勝を飾った。2週間後の次節のキエフ戦で早くもグループリーグ突破を決める可能性が出てきた。

ユナイテッドは立ち上がりの30分で、近年のチャンピオンズリーグの試合では最高とも言える内容のサッカーを展開し、多くのチャンスを作り出した。2連敗中のキエフは勝利を狙って、スリートップのシステムを敷いてきたが、ユナイテッドは相手が前へ出てくるところを突いて攻め込んだ。

スペースを与えられたルーニー、テベス、ロナウドが縦横無尽にピッチを走り回ると、ユナイテッドは9分に大きなチャンスを迎えた。左サイドの突破を図ったロナウドが、キエフのティベリウ・ギオアネのファールを受けてFKを獲得。このボールをライアン・ギグスがゴール前へ送ったところへ、ファーディナンドが頭で合わせ、ユナイテッドに先制点をもたらした。

貴重なアウェーゴールを奪ったことで、ユナイテッドはじっくりと戦うこともできたが、2点目を狙ってさらに積極的な攻撃を展開した。すると18分、右サイドでロナウドのパスを受けたウェズ・ブラウンが中央へ折り返す。キエフはゴラン・ガヴランチッチがこれを止めようとしたが届かず、中で待っていたルーニーが難なくボールを押し込んだ。ルーニーはこれで、ユナイテッドの直近の4試合で5ゴール目となった。

ページ 1 / 3 次へ »