登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ユナイテッドを迎え撃つヴィラ

週末のプレミアリーグで対戦するアストン・ヴィラのMFクレイグ・ガードナーは、ユナイテッドが勝ち点3を獲得するには、ハードな戦いを強いられるだろうと主張した。

ヴィラは今シーズンのホームゲームを5試合戦って、チェルシーを2-0で下すなど、4勝を挙げている。

「ヴィラ・パークは、アウェーチームにとって戦い易い場所ではない」とガードナーは『バーミンガム・メール』紙に語った。
「たとえばチェルシーは勝ち点3を獲得できると思ってやって来たかもしれないが、結果は僕たちが2-0で勝利した」

「簡単に勝ち点を取れると思ったら大間違いだ。僕たちを倒すのは簡単ではない。マーティン・オニール監督のもと、不屈の精神を持って戦っているんだ。たとえ0-1で負けていても、絶対にあきらめない。それがヴィラのいいところだ」

U-21イングランド代表のガードナーは、脚の付け根を軽く痛めているが、ユナイテッド戦にはぜひ出場したいと語った。

「どうしても出たい試合だ。ホームのマンU戦は、シーズン最大とは言わないけど、ビッグゲームの1つさ。けがを治して出場したい。誰もが楽しみにしているはずだ。4万人の観衆の前で、ロナウド、ルーニー、ギグスといった選手と一緒にプレーできるなんて、最高だよ」