登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「後半が始まって5分すると集中力が切れてしまい、それが命取りになった。みんながっかりしている。残念に思っているし、イスラエルが助けてくれるのを祈るしかない」
─ ウェイン・ルーニー
22/01/2009  Report by Nick Coppack

ルーニー「がっかりした」

17日のユーロ2008予選で、自らのゴールにより先制しながら、ロシアに逆転負けしたイングランド代表のウェイン・ルーニーは、「がっかりした」と話した。

イングランドはルーニーの前半のゴールでリードを奪ったが、交代出場したロシアのロマン・パフリュチェンコに2点を奪われて敗退。そのうちの1点は、ルーニーがコンスタンティン・ズリアノフをペナルティーエリア内で倒したとして献上したPKによるものだった(リプレーで確認すると、反則行為はペナルティエリアの外で行われたように見える)。

これでイングランドが自力でユーロ2008本大会出場を決める可能性は消滅し、11月17日のロシアとイスラエルの試合結果に大きく左右されることになった。イングランドは同21日のホームのクロアチア戦が予選最終戦となるが、ロシア戦でイエローカードを受けたリオ・ファーディナンドは出場停止となる。

ユーロ2008予選に参加した他のユナイテッドの選手では、ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウドが、勝利に貢献する活躍を見せた。カザフスタンと対戦したポルトガルは、91分にナーニのクロスからボレーを決めたロナウドの勝ち越し点で、2-1の勝利を収めた。

故障から復帰したスコットランド代表のダレン・フレッチャーは、グルジア戦でフル出場した(チームは敗退)。フレッチャーは9月12日のフランス戦で足を骨折したが、順調な回復を見せていた。20日のアウェーのアストン・ヴィラ戦も出場できる見込みとなっている。

フランス代表のパトリス・エヴラは、リトアニアを2-0で下した試合に、ベンチ入りしたものの、出場の機会はなかった。フランスは終盤のティエリ・アンリの2ゴールで勝利した。アイルランド代表のジョン・オシェイはホームのキプロス戦にフル出場。チームはロスタイムに同点ゴールを奪い引き分けた。