登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ギグス、大量得点に満足

今シーズンのユナイテッドは得点力不足に悩まされていただけに、ライアン・ギグスはウィガン戦で大量得点を奪えたことに満足していると話した。
ユナイテッドは後半に4点を挙げて勝利を収めたが、ギグスはチームが得点を奪うようになるのは時間の問題だったと述べた。

「このチームはいつでも、そしてどこからでもゴールを奪えるんだ」と、ギグスは『MUTV』に語った。
「常にゴールを狙っているカルロス、ウェイン、クリスチアーノの名前がスコアシートに載っているのは気分がいいよね。カルロスは見事な個人技でゴールを奪った。ウェインからのパスが起点となり、カルロスはパニックになることなく、GKをかわして冷静にシュートを決めた。先制点を奪うのはどの試合でも重要だ」

ゴールを量産したことを喜ぶ一方で、ギグスはリーグ戦で6試合連続で無失点を記録している守備陣にも称賛の言葉を送った。
「ディフェンスは固いし、ここまでよくやっていると思う」と、ギグス。
「今日もまた、相手にほとんどチャンスを与えなかった。一度だけピンチを招いたが、トマシュが見事なセーブを見せた。チームが一丸となって、無失点を続けているんだ」



ギグスがゴールを称賛

「このチームはいつでも、そしてどこからでもゴールを奪えるんだ。常にゴールを狙っているカルロス、ウェイン、クリスチアーノの名前がスコアシートに載っているのは気分がいい」
− ライアン・ギグス