登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ギグス「長く現役を続けたい」

16日に1年間の契約延長を行ったライアン・ギグスは、できるだけ長くプレーを続けられるように頑張りたいと語った。

来月、34歳になるギグスは、2009年6月までの新契約を結んだが、来シーズン以降も現役を続けていきたい考えを明らかにした。

「前回契約を交わした数年前、1年、1年の結果を見ていくという話をしていた」とギグスは新契約にサインをした直後、MUTVに語った。

「こうして今、新しい契約を結べたことを嬉しく思っている。前の契約はあと1年しか残っていなかったが、それをさらに1年延長できた。これでプレーの方に集中できる。さらに数年、現役を続けられたら最高だ」

ギグスは1991年にユナイテッドでデビューしたが、その後の16年間、サッカーに対する情熱が薄れることはなかったと話した。
「16年の間で、いろんなことが変わったけど、僕は今まで以上にサッカーを楽しんでいる。引退が近づいてくると、できるだけ楽しみたいと考えるようになるんだ。18、19歳の時は、永遠にプレーを続けられるような気がするものだが、もちろん引退は誰も避けられない」

「僕はいま楽しんでいるし、チームもいい状態に仕上がっている。昨シーズン、プレミアリーグで優勝した時は、みんなで喜びを分かち合った。またあの気分を味わいたいね。調子はいいし、できるだけ長くプレーが続けられるように頑張っていくよ」