登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

エヴラ、クラブの歴史を勉強

パトリス・エヴラは、本を読んだり、DVDを観たりして、ユナイテッドの偉大な歴史を学んでいると話した。

エヴラは約2年前にモナコからユナイテッドへ加入し、現在は左サイドバックのレギュラーを獲得した。チームに馴染むためのカギは、ユナイテッドの過去を学んだことだったという。

「世界を代表するクラブに加入したわけだから、その自覚を持つ必要があったんだ」とエヴラは『フランス・フットボール』誌に語った。
「エリック・カントナのDVDを何度も観たし、本もたくさん読んだ。いまではOBと握手をしても、誰かすぐ分かるんだ」

来年2月は、ミュンヘンの悲劇が起きて、ちょうど50年になる。その事故を学んだことで、エヴラはユナイテッドというクラブをより理解できるようになったと話す。

「1958年の飛行機事故のことを知ったときは、ショックだったよ。ボビー・チャールトンと一緒に飛行機に乗ったときは、『あんな経験をしたのに怖くないんだろうか?』って思ったものさ。ユナイテッドというクラブにますます敬意を払うようになった。選手は自分が所属しているクラブの歴史を学んだ方がいいと思う。少なくとも僕は役に立ったよ」



歴史を学ぶ

「1958年の飛行機事故のことを知ったときは、ショックだったよ。ユナイテッドというクラブにますます敬意を払うようになった。選手は自分が所属しているクラブの歴史を学んだ方がいいと思う。少なくとも僕は役に立ったよ」
─ パトリス・エヴラ