登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Nick Coppack

エドウィン、ヴィラ戦で復帰へ

サー・アレックス・ファーガソン監督は、エドウィン・ファン・デル・サール(36歳)のつま先の負傷は、8月にオランダがスイスと親善試合を行った際の練習で負ったものだと話した。ファン・デル・サールはそのスイス戦を欠場していた。

ファン・デル・サールは8月21日の練習で、リヴァプールのFWディルク・カイトと衝突して負傷したが、その週のトッテナム・ホットスパー戦には出場した。しかし、1-0で勝利した9月29日のバーミンガム・シティー戦でケガを再発させた。ファーガソン監督によると、「数試合」を欠場する見込みだという。

「エドウィンは数週間前のオランダ代表の練習でけがをしていたが、それが今回再発した」とファーガソン監督は『United Radio』に語った。
「数日間休む予定で、(20日のアウエーの)アストン・ヴィラ戦には出場できる見込みだ」

ファーガソン監督はファン・デル・サールのけがは深刻なものではなく、中足骨を骨折したとの報道があったものの、これを否定した。
「最近は選手が足を痛めるたびに、中足骨を骨折したんじゃないかと言われるが、今回はそうじゃない。エドウィン

ページ 1 / 2 次へ » 


ヴィラ戦で復帰へ

「最近は選手が足を痛めるたびに、中足骨を骨折したんじゃないかと言われるが、今回はそうじゃない。エドウィンはつま先を負傷しているだけで、欠場するのは数試合だけだ」
− サー・アレックス・ファーガソン監督