登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Ben Hibbs

カリック、肘骨折で戦線離脱

マイケル・カリック(26歳)が2日に行われたチャンピオンズリーグのローマ戦で肘の骨を骨折し、最長で6週間戦列を離れることになった。

カリックはローマ戦の終盤に負傷したが、最後までプレーを続けた。試合後のX線検査の結果、骨折していることが判明した。
クラブの広報は『ManUtd.com』に対して、「マイケルは右肘の骨を骨折した。全治するまで、最長で6週間かかるだろう」と説明した。

ユナイテッドでは、オーウェン・ハーグリーヴスが今週復帰すると見られていたものの、痛めている膝の腱(けん)を治療するため注射を行うことになり、復帰がさらに1カ月遅れることになっていた。
カリックの代役を務められるダレン・フレッチャーも、スコットランド代表でプレーした9月のフランス戦で膝に軽い骨折をしており、10月中の復帰は難しい見込みとなっている。

ユナイテッドは6日にウィガン・アスレティックとプレミアリーグの試合を戦うが、サー・アレックス・ファーガソン監督は中盤の真ん中の位置に、ライアン・ギグスか新加入のアンデルソン、あるいはジョン・オシェイを起用し、ポール・スコールズとコンビを組ませるものと見られている。



カリックが負傷離脱

「マイケルは右肘の骨を骨折した。全治するまで、最長で6週間かかるだろう」
− クラブ広報

ユナイテッドの故障者リスト
エドウィン・ファン・デル・サール(つま先)
ダレン・フレッチャー(足)
オーウェン・ハーグリーヴス(膝)
パク・チソン(膝)
ベン・フォスター(膝)
ミカエル・シルヴェストル(膝)