登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、チームの攻撃力に満足

サー・アレックス・ファーガソン監督は、23日のチャンピオンズリーグ・グループリーグでディナモ・キエフに快勝したチームを大絶賛した。

リオ・ファーディナンド、ウェイン・ルーニー、クリスチアーノ・ロナウド(2点)のゴールで合計4点を奪ったユナイテッドは、3戦全勝とし、グループFの首位を堅持した。

「攻撃が素晴らしかった」とファーガソン監督はITVに語った。
「これ以上の結果はない。もっとゴールを奪うことはできたが、全体的に言って、今日の内容には満足している」

試合前、ポール・スコールズとパトリス・エヴラが新たに故障者リストに加わってしまったが、ファーガソン監督はチームの適応力の高さを称えた。

「どんなチームと戦っても、私たちは状況に応じたプレーができる。フォーメーションが急遽変更になっても、チームには高い能力を持った選手がそろっているため、すぐに対応できる。チームの結束力も高い。だからこそ私たちは今晩(23日)のような戦いができるのだ」

ユナイテッドはこれで3連勝を飾り、勝ち点9を獲得。昨シーズンも同じような状況にありながら、決勝トーナメント進出は最終節まで決められなかった。だがファーガソン監督は同じ過ちは繰り返さないと主張した。

ページ 1 / 2 次へ »