登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Report by Steve Bartram

ボロ「失うものは何もない」

27日のプレミアリーグでユナイテッドと対戦するミドルスブラのMFガリー・オニールは、とくにプレッシャーは感じていないと語った。

ギャレス・サウスゲイト監督率いるミドルスブラは、プレミアリーグで降格圏から勝ち点1差の17位に低迷している。しかしオニールは、プレッシャーを感じるのは王者のユナイテッドの方だろうと述べた。

「いいプレーができる自信はある。ユナイテッドとはいつか対戦しなくてはならない」とオニールはボロ(ミドルスブラの愛称)の公式サイトで語った。

「僕たちが失うものは何もない。自分たちらしいプレーをするだけだ」

ボロは9月1日にホームでバーミンガムに勝利して以来、白星に見放されている。今シーズンからボロに加わったオニールは、チームの不振を嘆き、次のように話した。

「今は何をやってもうまくいかないようだ。だがチームはまとまっているし、この不振から抜け出せるように頑張りたい」

ページ 1 / 2 次へ » 


不振脱却を目指すボロ

「いいプレーができる自信はある。ユナイテッドとはいつか対戦しなくてはならない。僕たちが失うものは何もない。自分たちらしいプレーをするだけだ」
─ ガリー・オニール