登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「若くて才能ある選手たちと毎日一緒に練習していると、いい刺激になる。チーム内には活気があるし、最高の環境さ」
─ ライアン・ギグス
21/11/2007  Report by Gemma Thompson

若手に刺激を受けるギグス

ライアン・ギグスが、チームの若手選手の活躍に刺激を受けていると語った。

ユナイテッドには今シーズンから、アンデルソン、ナーニ、オーウェン・ハーグリーヴス、カルロス・テベスという選手が新たに加わり、さらに戦力がアップした。サー・アレックス・ファーガソン監督は先日、ギグス、ガリー・ネヴィル、ポール・スコールズといった素晴らしい実績を持つベテランプレーヤーと若手選手がうまく融合した現在のユナイテッドは、自らが指揮を執ってきた21年間のチームの中で最強だと思うと話していた。

ギグスも今のチームには満足しており、若い選手たちから元気をもらっていると語った。

「若くて才能ある選手たちと毎日一緒に練習していると、いい刺激になるよ」とギグスはManUtd.comに話した。

「僕のプレーもまだまだ上達している。チーム内には活気があるし、最高の環境さ。新しい選手たちはすぐにチームに溶け込んだし、新風を吹き込んでくれた。ナーニは見事なゴールを決められるし、ゴールパフォーマンスは独特だ。アンデルソンも一流選手らしいプレーを見せている」

「オーウェン(・ハーグリーヴス)の才能は誰もが認めるところだろう。ゲームに出場したときは、その実力を存分に発揮している。また、カルロス(・テベス)が加わったことで、僕たちはより多彩な攻撃を仕掛けられるようになった」

「新しい選手が入ったことで、ドレッシングルームの雰囲気もますますよくなったしね。スペイン語やポルトガル語が飛び交っているんだ! 楽しい選手たちばかりで、チームは本当によくまとまっていると思う」