登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドの守備陣は、無失点を続けていることに誇りを持っている。攻撃陣が得点を奪っていることに誇りを持っているのと同じようにね。アーセナル戦は大きなチャレンジになる。だがゴールは許さない」」
─ ネマニャ・ヴィディッチ
02/11/2007  Report by Ben Hibbs

ヴィダ「無失点に抑える」

ユナイテッドのセルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが、3日のアーセナル戦では1点も許さないつもりだと力強く語った。また、アーセナルのDF陣は、好調なユナイテッドの攻撃を警戒する必要があると主張した。

ユナイテッドでは、ウェイン・ルーニーとクリスチアーノ・ロナウドがそれぞれチーム最多の6点を奪い、カルロス・テベスが4点、ライアン・ギグス、リオ・ファーディナンド、ルイ・サア、ナーニがそれぞれ2点をマークしている。

「ルーニーとテベスは絶好調だ」とヴィディッチは『サン』紙に語った。

「だが彼らだけではない。ロナウドやナーニなど、攻撃陣は全員、調子がいい」

ヴィディッチは、自分自身でも今シーズンのリーグ戦で1点を挙げているが、まずはDFとしてアーセナルに1点も与えないことに集中したいとした。

「アーセナルもいい成績を残している。ただ勝つだけではなく、試合内容も素晴らしい。リヴァプール戦も、とくに前半は見事なパフォーマンスを披露していた」

「だが、ユナイテッドの守備陣は、無失点を続けていることに誇りを持っている。攻撃陣が得点を奪っていることに誇りを持っているのと同じようにね。アーセナル戦は大きなチャレンジになる。だがゴールは許さない」