登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「グループを首位で通過することが大事である。そのためにも次の試合は勝つつもりだ」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督
08/11/2007  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「グループ首位を目指す」

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ディナモ・キエフに4-0で快勝し、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出を決めたことについて、満足していると語った。しかし、このままグループFを首位で通過する必要があると付け加えた。

次節は、7日にASローマと引き分けたスポルティング・リスボンと戦う予定だが、その試合に勝利すれば、ユナイテッドの首位が確定する。

ユナイテッドは、ジェラール・ピケ(ユナイテッドにおける自身初ゴール)、カルロス・テベス、ウェイン・ルーニー、クリスチアーノ・ロナウドのゴールで勝利し、グループリーグ突破を決めた。

「完璧なパフォーマンスだったとは思わない」とファーガソン監督はスカイスポーツにコメントした。

「だが、完璧な結果だ。チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出を決められて嬉しい。ただし、グループを首位で通過することが大事だ。そのためにも次の試合は勝つつもりだ」

ユナイテッドは序盤の30分、自陣に引いて戦ったキエフを相手に、チャンスをほとんど作れず、ファーガソン監督も、「マンマークで守られたので、厳しい時間が続いた」と話した。

「そういう戦いをしてくるチームは少ないので、若い選手にとっては初めての経験だったかもしれない。キエフは効果的な戦い方をしていたと思う」

「1点目は、ボールが身体に当たってコースが変わったところから生まれた。しかし得点が入ったことで、ゲームが動き出した。2点目は素晴らしかった。後半は自分たちらしい、攻撃的なサッカーを展開できたと思う」

ページ 1 / 2 次へ »