登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/11/2007  Report by Ben Hibbs

監督、故ドハティーを追悼

サー・アレックス・ファーガソン監督が、13日に亡くなった元ユナイテッドのジョン・ドハティーに追悼の意を表した。

「ジョンの訃報を聞き、残念に思っている。長い間、病気を患っていたというのは耳にしていた。彼はマンチェスター・ユナイテッドの黄金時代に貢献したプレーヤーの1人であり、人間的にも素晴らしい人物だった」

「私がユナイテッドの監督に就任してからは、いろいろと力を貸していただいた。彼はユナイテッドでプレーしてきた選手たちにもしっかりとサポートを行っていた。クラブのOB会が成功を収めたのは彼のおかげである。私もOB会の会合に何度も招待されたが、ジョン、デイヴィッド・サドラー、ワレン・ブラッドリー(今年6月に亡くなった)の精力的な活動には感銘を受けたものだ」

「ジョンが残した功績、あるいはバスビー・ベイブスとして活躍した実績を忘れることはないだろう。ウィルフ・マクギネス同様、けがのため選手生命は短かったが、それがなければ、偉大な選手になっていただろう」

「ジョンはユニフォームを脱いだあとでも、クラブへの忠誠心を失わなかった。ジョンの訃報を聞き、ユナイテッドの関係者は全員、悲しみに沈んでいる」