登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

UEFAチャンピオンズリーグ
11/27(火) オールド・トラッフォード

マンチェスター・ユナイテッド 2
テベス(61分)、ロナウド(90+2分)

スポルティング・リスボン 1
アベウ(21分)
18/09/2012  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 3 次へ » 

ユナイテッド 2-1 スポルティング

27日のチャンピオンズリーグでは、クリスチアーノ・ロナウドが古巣のスポルティング・リスボンを相手に今シーズン2度目の決勝点を挙げ、ユナイテッドが2-1で勝利した。ユナイテッドはこれでグループリーグを5戦5勝とした。

ユナイテッドは、21分にアベウにゴールを奪われスポルティングに先制を許したものの、後半にカルロス・テベスが同点弾を決めた。試合はそのままドローに終わるかに思われたが、ロナウドがロスタイムにFKから勝ち越し点を挙げた。

この結果ユナイテッドは、12月に2位のローマと対戦する最終戦の勝敗に関係なく、グループFを首位で突破することが決まった。

決勝トーナメント進出はすでに決めていたものの、サー・アレックス・ファーガソン監督はメンバーを落とすことなくスポルティング戦に臨み、ルイ・サアの両サイドにナーニとロナウドを置く、4-3-3のシステムを敷いた。

スポルティング出身のロナウドとナーニが、ユナイテッドの最初のチャンスに絡んだが、どちらもゴールには結びつけられなかった。

ロナウドはその後、バックヒールでサアにパスを送って好機を作る。しかしサアの右足のシュートはファーポストの横に外れた。

一方のスポルティングは21分、先制点を奪うことに成功。ユナイテッドのアシスタントコーチのカルロス・ケイロスが今週、チームの獲得リストに載っていることを認めたミゲウ・ヴェローゾのパスから、アベウが右サイドを駆け上がる。

GKトマシュ・クシュチャクがクロスを予想して少し前へ出たところを、アベウはタッチライン際からニアサイドにシュートを蹴り込み、先制点を奪った。

スポルティングはその5分後、ブラジル人FWリエジソンがヴェローゾのミスキックからゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定された。

ページ 1 / 3 次へ »