登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

バークレイズ・プレミアリーグ
11月24日(土)リーボック・スタジアム

ボルトン 1
【得点】アネルカ(11分)

マンチェスター・ユナイテッド 0
24/11/2007  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 3 次へ » 

ボルトン 1-0 ユナイテッド

24日にリーボック・スタジアムで行われたバークレイズ・プレミアリーグでは、ニコラ・アネルカの序盤のゴールを守り切ったボルトンが、ユナイテッドに1-0で勝利した。ユナイテッドは今シーズンのリーグ戦で2敗目を喫した。

今シーズンは不振に陥っているボルトンが勝利を目指してよく戦ったとも言えるが、ユナイテッドの攻撃陣にエンジンがかかったのは残り20分を切ってからだった。

ユナイテッドの最大のチャンスは、72分にカルロス・テベスに訪れた。パトリス・エヴラが左サイドからゴール前へ上げたクロスに、テベスがDFの背後からフリーで飛び込んできたものの、シュートは枠を外れた。

ポルトガル代表としてユーロ2008予選の2試合にフル出場したクリスチアーノ・ロナウドは、休養を取るため、ベンチメンバーにも入らなかった。また、セルビア代表の合宿中に腰を痛めたネマニャ・ヴィディッチもメンバーから外れ、ジェラール・ピケがリーグ戦2試合目となる先発出場を果たした。

しかしピケは、11分の失点に絡むプレーをしてしまう。ピケはイバン・カンポがゴール前へ蹴り込んだ浮球のFKを頭でクリアしようとしたが、これをミス。こぼれたボールを素早く拾ったアネルカが、エドウィン・ファン・デル・サールを破るシュートを決めた。

シーズン途中からガリー・メグソン監督が新指揮官に就任し、調子を上げていたボルトンは、先制点を奪うと、サム・アラーダイス監督がチームを率いていた頃を彷彿させる、力強い、タフなサッカーを展開するようになった。一方のユナイテッドは、前半は全くいい所がなく、同点ゴールが生まれる気配はなかった。

後半に入ると、両チームともにプレーに精彩を欠くようになった。ボルトンがユナイテッドのゴールに襲いかかるシーンはほとんどなく、ユナイテッドの方も、ボールを支配して、流れるようなパスをつなぐ、いつものサッカーは影を潜めた。

ページ 1 / 3 次へ »