登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Report by Gemma Thompson

ネヴィルのけがは順調に回復

サー・アレックス・ファーガソン監督は、負傷離脱中のガリー・ネヴィルが24日のボルトン戦で復帰できる見通しであることを明らかにした。

今年3月から戦列を離れているネヴィルは、復帰間近と見られていたが、4日の練習でふくらはぎを軽傷し、7日のチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦のメンバーには入らなかった。

「ガリーは来週にはよくなるだろう」とファーガソン監督は説明した。
「ふくらはぎにハリを感じたようで、最初はみんなも心配したが、治療が必要なけがではなく、大事を取ったものだ。したがって、ブラックバーン戦が終わったあとには、プレーできるようになるだろう」

一方、キエフ戦では、エドウィン・ファン・デル・サールがハーフタイムにベンチに退いたが、ファーガソン監督は、つま先に痛みを感じたため、と説明した。しかし11日のブラックバーン戦には出場できる見込み。

また、キエフ戦で複数の主力選手がメンバーから外れたのは、休養を与えるためだったと語った。

「オーウェン・ハーグリーヴスは、アーセナル戦が終わった直後に、休ませることを決めていた。リオ・ファーディナンドは全試合に出場していたし、ライアン・ギグスとともに、休養を与えるいい機会だった」