登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/11/2007 

元ユナイテッドのドハティー死去

かつてユナイテッドでプレーしたジョン・ドハティーが13日、死去した。72歳だった。

ドハティーは、バスビー・ベイブスの一員として1955-56シーズンのリーグ優勝に貢献。ユナイテッドでは通算26試合に出場し、7ゴールを決めた。最近では、マンチェスター・ユナイテッドOB会の会長を務めていた。

ユナイテッドの元選手で、ドハティーと親交が深かったパディー・クレランドは次のように語った。

「ただ驚いている。残念だ。素晴らしい人物で、ユナイテッドのファンだった。オールド・トラッフォードの試合にはいつも駆けつけていたし、もちろんユナイテッドでプレーした経験もある。最近はOB会の活動に力を入れていた」

一方、ユナイテッドのチーフ・エグゼクティブを務めるデイヴィッド・ギルは、以下のようにコメントした。

「ジョンはOB会で精力的な活動を行っていた。気取らない性格で、みんなから愛されていた。彼のウィットに富んだ発言がもう聞かれないのかと思うと寂しい。心よりお悔やみ申し上げます」



ジョン・ドハティー(1935-2007)

「ジョンは素晴らしい人間で、サッカーに対しては人一倍強い愛情を持っていた。亡くなったと聞き、本当に残念に思っている」
─ パディー・クレランド

「彼のウィットに富んだ発言がもう聞かれないのかと思うと寂しい。心よりお悔やみ申し上げます」
─ デイヴィッド・ギル チーフ・エグゼクティブ