登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:ファーガソン監督

21年前の今日、サー・アレックス・ファーガソン監督がユナイテッドの指揮官に就任した。伝説的指揮官が、サー・マット・バスビーから受けたアドバイス、決断を下すことの難しさについて語った。

私がアバディーンの監督を務めていた頃、複数のクラブからオファーをもらっていたが、全て断っていた。だが、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーだけは断れなかった。

監督就任の要請を受け入れたのは、サー・マット・バスビーの存在が大きかった。子供の頃、ユナイテッドの試合を1回だけ観に行ったことがある。サー・マットが来ると聞いたからだ。スコットランドではすでに大きな名声を確立していて、ユナイテッドでの功績が高く評価されていた。

ユナイテッドの監督就任のオファーがあったことを相談すると、とても喜んでくれて、ぜひやるべきだと言ってくれた。いろんな話をしたけど、いつも楽しい時間を過ごすことができたよ。サー・マットからもらった、新聞に関するアドバイスは今でもよく覚えている。読んではいけないと言われたんだ!

監督をやっていて一番難しいことは、変化への対応だ。

家族のように大切にしてきた選手、クラブに長い間仕えてくれた人たちには、特別な愛情を持つものだ。この数年、私はニッキー・バットとフィル・ネヴィルを手放さなければならなかった。彼らはクラブの魂のような存在だったし、ユナイテッドを本当に愛していたので、かなり辛い決断だった。

ページ 1 / 2 次へ »