登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2012 

サー・アレックス、続投を明言

自身9度目のプレミアシップ優勝を果たしたサー・アレックス・ファーガソン監督は6日、今後もマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執る考えであることを明らかにした。

今シーズンの開幕直後、マスコミの間で退任説が広がったファーガソン監督だが、最近にも4シーズンぶりのリーグ優勝を最後に勇退するとの噂が流れていた。

しかしファーガソン監督は、スカイスポーツに対して次のようにコメントした。「ユナイテッドの選手たちは常に向上心を忘れない。彼らのやる気と熱意を感じるし、私がいるべき場所はここなんだと思わせてくれる。ユナイテッドにはすばらしい歴史と伝統があり、才能を持った若い選手がそろっている。そんなクラブを去りたいと思うだろうか?」

ファーガソン監督は、2002年に引退を撤回したことがあるが、いまは楽しんで仕事ができるかぎり、監督を続けたいと主張した。

「引退するのは簡単だ。決断するのに時間はかからないし、事実、私は数年前に引退を口にした。しかし、その数日後には後悔した。いまはチームの若い選手たちの成長が待ち遠しいし、ライアン・ギグス、ガリー・ネヴィル、ポール・スコールズといったベテランプレーヤーたちも毎週の

ページ 1 / 2 次へ » 


“私はどこへも行かない”

「いまはチームの若い選手たちの成長が待ち遠しいし、ライアン・ギグス、ガリー・ネヴィル、ポール・スコールズといったベテランプレーヤーたちも毎週のようにいいプレーをしている。そんな状況に身をおいていると、自分こそユナイテッドで指揮を執るのにふさわしい人物なんだと感じる」
サー・アレックス・ファーガソン