登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

サー・アレックス、最高の1年を絶賛

マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督は13日、オールド・トラッフォードでプレミアシップの優勝セレモニーを行った後、スタジアムに駆けつけてくれたファンに感謝の言葉を述べた。また、「最高にすばらしいシーズン」を送った選手たちにも、惜しみない称賛を送った。

「クラブにとって、そして私たち一人一人にとっても最高のシーズンだった」とファーガソン監督はユナイテッドのファンに語った。「サポーター、スタッフ、選手たちは、どれだけほめてもほめ足りない。すばらしい1年だった。みなさんの応援には感謝している。来シーズンもまた優勝できるように頑張りたい」

ファーガソン監督は、今シーズンはプレミアシップの優勝だけでなく、19日にチェルシーと対戦するFAカップも制覇し、ダブルを達成したいとして、ファンに向かって最後にこう語った。「来週も(FAカップ決勝で)、応援を期待している」

また、ユナイテッドで20年間指揮を執り、9度目のプレミアシップ優勝を成し遂げたことについては、「最高の気分だ」と話した。「ユナイテッドは特別なチームで、特別なクラブだ。サポーターはすばらしい声援を送ってくれる。彼らは本当にかけがえのない存在だ」

さらに、プレミアシップのタイトル奪還は、今シーズン掲げた目標の1つだったとして、次のように述べた。「もちろんそうだ。プレミアリーグの競争力は高まっているし、チェルシーは大金を費やして選手補強を行い、独走でリーグを2連覇していた。私たちはそんな状況を打破しなければならなかったし、クラブとしてチャレンジする必要があった。そして

ページ 1 / 2 次へ »