登録
ようこそ 
登録情報を変更する

マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/02/2012 
ページ 1 / 2 次へ » 

他チームの動きのなさに驚くファーガソン監督

ユナイテッドへの新加入選手2名が披露され、さらにウェストハムとのカルロス・テベスの移籍話をサー・アレックス・ファーガソン監督が認めた昨日、ファーガソン監督はプレミアリーグの他クラブが今夏これまで緊縮状態であることに驚いたとも語っている。

ユナイテッドがウェストハムからテベス獲得に成功すれば、ユナイテッドが今夏、選手獲得に費やした金額は7000万ポンド(約172億円)を超えると予想されている。対照的に、チェルシーは4選手を移籍金なしで獲得。またアーセナルは、ティエリ・アンリをバルセローナに放出したことで、移籍金の収支はプラスとなっている。

ファーガソン監督は、昨日の記者会見でこう語っている。
「私としては、もっと他チームが選手獲得に投資すると思っていた。現在、プレミアリーグは財政的に潤っているはずだし、もっと移籍が多くなると予想していた。だから(ナーニ、アンデルソン、ハーグリーヴスと)我々は早めに手を打ちたかったんだ。おかげで私は、休日を楽しむことができたよ。チーフ・エグゼクティブのデイヴィッド・ギルと2分おきに電話で話す必要もなかったしね。いい仕事運びだった」

また、ファーガソン監督は、2005年5月にユナイテッドのオーナーとなったグレイザー家について称賛した。
「グレイザー家はよくサポートしてくれている。今夏は金銭的余裕を我々に与えてくれる形でサポートの姿勢を見せてくれて、それには感謝している。おかげで、今シーズンは非常に強力なチームを組むことができている。昨シーズンは、全試合を乗り切るのに十分なチーム構成ではなかったからね」

ページ 1 / 2 次へ »