登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2012  Reported by Gemma Thompson

ロッシとピケは残留へ

ジュゼッペ・ロッシ、ジェラール・ピケといったユナイテッドの若手に他チームから関心が集まる中、サー・アレックス・ファーガソン監督はこの2人を今シーズンもユナイテッドに残留させる意向を示した。

昨シーズン、ロッシはパルマ、ピケはレアル・サラゴーサと、それぞれレンタル先で素晴らしいプレーを見せていた。パルマとサラゴーサは、いずれも両選手の完全移籍での獲得に興味を示したが、ファーガソン監督はここまでのところそのオファーを拒んでいる。

「2人ともレンタル先でいいプレーをしてみせた。ジュゼッペはパルマで16試合で9ゴールを挙げて、パルマのセリエA残留に貢献したとの評判が高いね」

「ジェラールは、サラゴーサで24試合に出場し、素晴らしいプレーを見せていた。両選手のプレーはビデオで見たし、練習でも見ている。2人とも今シーズンは確実にユナイテッドに復帰させる予定だ」

この2人がチーム残留となれば、さらにユナイテッドの戦力は充実する。ジョニー・エヴァンス、ダニー・シンプソン、フィル・バーズリー、クリス・イーグルスといった、同様に他チームにレンタル移籍していた選手たちとともに、選手層を押し上げてくれることだろう。今シーズンは、ファーストチームでの出番が増える可能性も十分だ。

ファーガソン監督はこう続けている。

「これで選手層はかなり厚くできたと思う。選手層の向上というのが、昨シーズン中はレンタル移籍していた若手をユナイテッドに戻した理由のひとつなんだ。ユナイテッドに在籍することで、彼らはさらに成長することだろう。レンタル先ではレギュラーとしてのプレー機会は多いだろうが、ユナイテッドで練習し、チームに帯同することで計り知れないメリットがあるはずだ」

昨シーズン終盤、ユナイテッドが不調で苦しんだ際には、けが人続出がその大きな要因となっていた。特にチャンピオンズリーグにおいては、けが人続出により、ユナイテッドはガス欠状態にもなっていた。

「昨シーズンで最も厳しかったのは、3月に故障者が相次いだことだ。ミラン戦では、準決勝に備えるだけの体力がチームには残っていなかった。あれは大きな痛手だった。またああいった故障が相次ぐ恐れもあるだろうが、今シーズンは控え選手が充実しているから大丈夫だと思いたいね」





「これで選手層はかなり厚くできたと思う。選手層の向上というのが、昨シーズン中はレンタル移籍していた若手をユナイテッドに戻した理由のひとつなんだ」

− サー・アレックス・ファーガソン監督