登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

プレシーズン親善試合
会場:広東省オリンピックスタジアム
広州薬業FC 0
マンチェスター・ユナイテッド 3
(得点者:ルーニー、ナーニ、マーティン)
25/06/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

広州 0-3 ユナイテッド

ユナイテッドは、アジアツアー最終戦となる広州薬業FC戦(広東省オリンピック・スタジアム)に3-0と快勝。ウェイン・ルーニー、ナーニ、リー・マーティンがゴールを挙げている。

ライアン・ギグス、エドウィン・ファン・デル・サール、オーウェン・ハーグリーヴス、クリスチアーノ・ロナウドのけがのため、リー・マーティン、トマシュ・クシュチャクがこのツアー初の先発出場となあった。また、フィル・バーズリー、ダニー・シンプソン、ダーロン・ギブソンら若手も先発出場を果たしている。

また、ドン・ファンジョウは、ユナイテッドのメンバーとして故郷中国で先発出場するという夢を果たし、出場中はずっと大きな声援を浴びていた。だが、ゴールを積極的に狙ったドンにとっては、この試合はフラストレーションのたまる内容となった。
試合開始後、両チーム通じて最初のチャンスがこのドンに訪れた。マーティンがゴールマウスを横切るパスをドンに供給したが、ドンはチャンスを生かすことができず。さらにドンは、15分にヘディングでゴールを狙うも、ボールは枠外にそれた。

広州薬業は前に出て攻撃を仕掛けることはできず、ユナイテッドの攻撃を封じるのみで精一杯。そんな中、ユナイテッドは20分、マイケル・カリックがペナルティエリア内で倒されてチャンスをつかんだ。広州は、主審が最初はペナルティエリア外でのFKを示していたにもかかわらず、その後PKと判定したことに不服を示していたが、ルーニーがこの抗議を沈黙させるようなPKを決めて、ユナイテッドが先制した。

今回のアジアツアーでは、ユナイテッドはFCソウル相手に15分で3ゴール、深センFC相手に11分で3ゴールを挙げていたが、この試合ではそのようなゴールラッシュにはならなかった。防戦一方の広州の戦略の前に、ユナイテッドはなかなか守りを破ることはできなかった。

流れの中からの最初のチャンスがやってきたのは41分のこと。マイケル・カリックのクロスは広州DFにカットされたが、ルーニーは逆サイドのゴールポスト際に忍び込み、ゴールを狙おうと試みた。ボールはその狙い通りに転がったが、攻め込んだルーニーは

ページ 1 / 3 次へ »