登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Reported by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

監督、テベス獲得に自信

サー・アレックス・ファーガソン監督は、ウェストハムのアルゼンチン代表ストライカー、カルロス・テベス(23歳)のユナイテッド移籍が目前に近づいたことに、自信を深めている。

7月9日、ファーガソン監督は、テベス移籍が先週末に完了していたはずだったと認めていた。しかしここ2、3日、テベスの移籍を巡る報道は、移籍完了間近というものもあれば、移籍話が物別れ寸前とするものもあり、と様々である。

しかし、ファーガソン監督は、間もなく結論が出ると信じている。7月12日の夕方、ファーガソン監督はSkyスポーツニュースに対し、こう語っている。

「テベスの移籍は整ったと見ている。ユナイテッドの選手となる見通しは明るいと思う。プレミアリーグが差し止めに入っているが、おそらくすべてにおいて透明性を実証しようとしているのだろう。我々もそうあることを望んでいる。移籍に関して嫌な後味は残したくないんだ。クリーンにやりたいからね」

ファーガソン監督は、かなり以前からテベスを気に入り、昨シーズンはぴったりとマークしていた。テベスは、プレミアリーグでの順応期間を経て、ウェストハムでは主力選手に成長。ウェストハムが降格の危機を乗り越えるのに貢献している。

テベスが昨シーズン最終日にユナイテッド戦で挙げた決勝ゴールにより、ウェストハムのプレミアリーグ残留を決定。このテベスの大活躍により、ファーガソン監督はテベスがオールド・トラッフォードの舞台でも活躍できると確信したという。

ページ 1 / 2 次へ »