登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「マンチェスター・ユナイテッドのようなチームが興味を示してくれたら、『ノー』というのは困難だ。特に僕のように、自分の一生の夢としてそんな機会を夢見て来た選手にとってはね。どんな選手でも、ユナイテッドに加入してプレーしたいと思っているはずだよ」
− オーウェン・ハーグリーヴス
22/01/2009  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

オーウェン、テベスに同情

オーウェン・ハーグリーヴスは、カルロス・テベスがユナイテッド移籍に向けて現在味わっているフラストレーションについて、その心情がよく理解できると語っている。

テベスは、来月末の移籍期限までにユナイテッドへの移籍が完了するか否かが依然不明であり、現在はFIFAの裁定結果を待っている状態である。

ハーグリーヴスは、昨シーズン、ユナイテッドへの移籍希望を表明した後、バイエルン・ミュンヘンが彼の退団を阻止したため、同様な境遇を味わった経験がある。

ユナイテッドは、1月にもハーグリーヴスとの契約を試みたが、これは失敗に終わった。その後、やっと今夏になって移籍完了に至っている。ハーグリーヴスはテベスに同情しており、早急にユナイテッド加入が許可されることを望んでいる。

ハーグリーヴスは、PAスポーツに対してこう語っている。
「時としてこういうことは困難になるんだ。カルロス・テベスが素晴らしい選手であることは分かっているし、ユナイテッドに必要な選手であることは明らかだ。現状についてはどうなっているのか分からないが、問題が解決されれば、テベスはユナイテッドにすぐ加入してくるだろうね」

「マンチェスター・ユナイテッドのようなチームが興味を示してくれたら、『ノー』というのは困難だ。特に僕のように、自分の一生の夢としてそんな機会を夢見て来た選手にとってはね」

「どんな選手でも、ユナイテッドに加入してプレーしたいと思っているはずだよ。彼もきっと同じ気持ちに違いない」

ハーグリーヴスはイングランド代表としてプレーした経験もあり、ユナイテッドの選手の数名と以前からの知り合いである。彼はオールド・トラッフォードでの生活を気に入っており、新たなシーズンをワクワクしながら迎えているという。

ページ 1 / 2 次へ »