登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/01/2009  Reported by
ページ 1 / 2 次へ » 

テベス問題は待ちの姿勢

ユナイテッドのチーフ・エクゼクティブであるデイヴィッド・ギルは、カルロス・テベスのウェストハムからの移籍が今後完了することに、依然として希望を抱いている。しかしギルは、現時点でこの問題の解決は、ユナイテッドの手に負えるものではないことも認めている。

テベスの権利を巡って、ウェストハムとテベスの代理人キア・ジョオラビシアンとの話し合いは決裂しており、国際サッカー連盟(FIFA)はスポーツ調停裁判所(CAS)での調停を勧告したが、今後は高等法院での決着を見ることになりそうだ。

7月24日午後、FIFAは以下のような声明を出している。

「FIFAはウェストハムとカルロス・テベスに対し、CASに調停を求めるよう勧告した。現在の状況では、これが一番の解決策であり、関係者全員の利益においてもベストの方法だと思われる」

その数時間後、ジョオラビシアンの弁護士が法的手続きを開始した。

ユナイテッドにテベスが加入することに依然希望を捨ててはいないギルは、今は我慢が必要な時だと語っている。

ギルは、スカイスポーツにこう語っている。

ページ 1 / 2 次へ »