登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

25/07/2007  Reported by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

FIFA、テベス問題介入せず

FIFA(国際サッカー連盟)は、カルロス・テベスの移籍問題についてウェストハムに対し、スポーツ調停裁判所(CAS)に持ち込むよう勧告した。

テベスとユナイテッドは、ウェストハムからの移籍は完了するものと明言しているが、ウェストハムと、テベスの代理人であるキア・ジョオラビシアンが選手の所有権を巡って反論している。

テベスの移籍問題が暗礁に乗り上げた後、イングランド・サッカー協会(FA)とプレミアリーグは、FIFAに対し、この問題の裁定を求めていた。

FIFAが出した声明文には、こう書かれている。

「FIFAはウェストハムとカルロス・テベスに対し、CASに調停を求めるよう勧告した。現在の状況では、これが一番の解決策であり、関係者全員の利益においてもベストの方法だと思われる。また、この問題を解決するには、一番迅速な方法でもあると考えている」

ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督は、テベス獲得まで忍耐する覚悟を見せている。ファーガソン監督は先週、こう語っている。

ページ 1 / 2 次へ »